ブログ

古民家アルチザン秋シーズンに突入

2018年10月31日 - 18:07

神奈川県秦野市の弊社のハウススタジオ「古民家アルチザン」は
定期的に草刈りに行かないと広大な庭がジャングルのようになってしまうのですが
夏も過ぎたことで、楽勝だろうと思い、本日は私(高橋)が単独で行くことになりました。

到着して安心したのが、夏の時期と違って草たちの成長が遅い。
これならなんとか一人で終わらせられそう。
20181031_002412640_iOS.jpg

夏場は草たちの成長が激しいので到着した瞬間の視界に入る草の伸び伸びした晴れやかな姿が
本当に恐ろしく感じます。
母屋の有る庭を出て通りを挟んだ対岸の庭の草たちもそれほど伸びていないので安心。
20181031_003038065_iOS.jpg

しかし、いざ開始するとやはり一人では時間がかかりすぎる。手刈りの草刈り機でしか入っていけない場所を
大急ぎで終わらせて、今度は草刈りバギーの出動。
20181031_062617449_iOS.jpg

このバギー、断然手刈りより早いので重宝するのですが、激しく操ると色んな所が故障する。
そして故障の時は車屋に頼ることもできず、もちろんロードサービスは相手してくれず。
自分たちで修理するしかない。今年の夏は酷使した為、駆動系の修理を何回かやらないと
いけない羽目になったわけですが、なんとか自力で修理をやれるところまでこぎつけました。

本日は、近隣の住宅と隣接しているほうの道路対岸の庭の草を刈り終えることを優先することにした。
やはりこの作業は一人ではしんどいので次回から夏場以外も最低でも2名体制でやることにしよう。
そんなことを考えながらなんとか終了。
20181031_062700220_iOS.jpg

母屋の庭は中途半端なまま終了。また今度キャンプ道具の自炊グッズを持ち込んでのんびりやろう。
20181031_062708193_iOS.jpg