• ホーム
  • ブログ
  • 11月27日、スタッフとして参加した映画「人魚の眠る家」を見に行く

ブログ

11月27日、スタッフとして参加した映画「人魚の眠る家」を見に行く

2018年11月29日 - 20:26

ここ最近、年1本のペースで劇場用映画に携わることになってきました。現在我が社はテレビコマーシャルのロケーションコーディネーターという作業の依頼をいただいているのが主な生業。
しかし、私がこの業界できちんとお金をいただいて仕事として参加させていただくことになった初期の仕事は映画の制作部というポジション。最初の作品では一度も現場に行くことが許されませんでした、山奥でのロケがぶっ通しで行われることになり、山奥にプレハブ宿舎を建造して約100人ほどのスタッフと役者が入り混じってのプレハブ生活。そこで与えられた仕事は飯炊き係とプレハブ小屋の修理などなど、これが初めてこの業界の人々と直に接することができたスタートでした。そして当分は映画の制作部というポジションを仕事としてさせていただきました。
その後、ひょんなことでCMのロケーションコーディネーターという世界に興奮するかのように没入していき、今に至るわけですが、かつて映画で知り合った方々の脈々とした血流から、時々映画への参加の声をかけていただくことがある。その流れで年1本のペースでロケ地担当として入らせていただく形がようやく出来上がりつつあります。そして、これまで参加した映画の関わり方では今回の参加方法がベストだったのではないかな、と反省している次第です。
また、弊社のスタッフも面白味を掴んでくれたようで普段のCMとは違うプロセスと成果を味わった感じです。そして劇場公開となったので、そのスタッフと劇場に見に行くことにしました。
20181127_000923553_iOS.jpg

「人魚の眠る家」という映画です。
この映画の主人公の住む家を探すのが我々に与えられた使命でした。その1か所のみです。最も重要な設定でもあることから、そこだけを任されて他のロケ地は一切探していません。制作部さんが入る前から先行して、このメインのロケ地を決める、という作業でした。
日本中を探して、ここは、と思うところを交渉し、ようやくたどり着いた1軒の家、といったところです。そしてメインロケハンに帯同し、そこで制作部さんにロケ地をパスする、というところまでが弊社の動きでした。
この映画の作業中に弊社のスタッフと、作業が終わったら鰻を食べに行こうと約束していたので、映画鑑賞後に鰻屋に入って、見終わった映画の話に盛り上がり、お腹一杯になりました。
20181127_032301683_iOS.jpg